期限が決まっている

 - 

B型肝炎ウイルスによる医療訴訟を起こす際には、期間が決まっているということを意識してください。こちらの期限に関しては予防接種を受けたタイミングまたはB 型肝炎が発症してしまったタイミング、さらには感染していると自分自身が知ったタイミング、それぞれから20年というのが対象期間になっています。20年という期間が経過してしまうと請求資格そのものも失ってしまいますので、法的な問題で言えば請求権がなくなってしまうのです。

ただし20年が経過しているからといって全く給付金が受けられないというわけではなく、大幅に少なくなってしまうものの、一定の給付金を受けることができます。損をしないためにもできるだけ早くアクションを起こした方が良いでしょう。これまで一度もB型肝炎の検査をしたことがない方などは、20年が経過してしまう前に一度検査を受けてみましょう。

20年の期間が一つの目安になっており、これを過ぎてしまうのか、これが過ぎる前に医療訴訟を起こすのかによって前述の通り受け取れる寄付きには本当に大きな違いがあります。ですから、後回しにするのではなく自分自身が該当者である可能性が高ければ、今すぐにでも法律事務所に相談してください。


B型肝炎の医療訴訟相場

 - 

B 型肝炎給付金の対象になると分かっている方は、すぐにでも医療訴訟の手続きを行っていきましょう。こちらの医療訴訟に関してはある程度の相場がありますが、給付金全体の10%前後を一つの目安にしておくと良いです。これは法律事務所によって割合が変わってくるのですが、リーズナブルな場合には6%程度、最も高い場合であっても10%程度になっています。

また受けられる給付金の金額についてはしっかりと国が定めていますので、こちらについては相場というものがありません。発症からの年数と、症状に合わせた金額になっています。特に発症や感染発覚から20年が経過してしまうと受給できる金額が大幅に少なくなってしまいますので、できるだけ早い段階で行動を起こし医療訴訟から和解までの流れを進めていきましょう。

この時、できるだけ経験を持っている法律事務所などに依頼するほうが実際に訴訟を起こすまでがスムーズになります。無症候性キャリアや肝硬変、肝臓がん、さらには慢性肝炎の方も対象となるため、何らかの形でB 型肝炎を患っているという方は、自分が対象者になるかどうかを確かめてみましょう。1941年の7月から1988年の1月の間に生まれており、集団予防接種を受けた方であればB 型肝炎ウイルスに感染している可能性があります。